シャンソンの歌姫と呼ばれる日を夢見ながら、日々感じたことをマイペースに綴っていこうとおもいます・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
梅雨ですもんね。

私は自他共に認める晴れ女なんですが、
雨も嫌いじゃないです。
真夜中の雨ってなんか神秘的だなぁ。あ、ただいま午前3時前です☆


そういえば、ふと思い出しましたが
「雨」という題名のカンツォーネがあります。
原題は「UN PO'DI PIU''」
訳詞は直村慶子さんで、村上進さんが歌っていらっしゃったそうです。


「今夜もまた雨が降り続いている
 屋根に落ちる雨のしずくが
 いつからか私の胸の中で
 孤独の足音にかわってゆく

 あの時も今夜のように
 激しい雨が窓をぬらし
 哀しみは前ぶれもなく
 私の許へ訪れた

 別れを云う あなたのくちびるを
 凍りつくような哀しみで見つめていた
 私の周りから雨の音さえ消えて
 最後のあの言葉が
 こだまのようによみがえる
 
 雨の中に幸せを追いかけた
 追えば追うほどみじめな
 終わりが来ると知っても

 あなただけを ひたすら愛し続けた
 そして今の私には 哀しみのほかには何も
 何一つ残らない
 あなたを愛した後で・・・・・もう・・・」

なんか深いなぁ。
というか切ない歌詞ですね(>_<)

でもまぁ、私は雨の後は必ず晴れる日が来ると信じてますけどね♪

この曲はまだ譜面がないので歌えないですが、いつか歌って見たい一曲です♫
ちなみに、私この曲をシャンソンと勘違いしてたら、わざわざカンツォーネだとメールいただきまして(>_<)

この場をお借りして、ありがとうございました♬
しかもブログ読んでいただけて嬉しいもんです(((o(*゚▽゚*)o)))


さて、今日は新宿QUIです♫

今日は何歌おうかな(^O^☆♪



スポンサーサイト
2011.06.17 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。